タイル-min.jpg
デザイン2-min.jpg

​高気密・高断熱住宅

家とは住み始めてからが最も大切です。

建てた時は良くても

補修や改修などのメンテナンスが掛かる家

光熱費などのコストが掛かる家

こんな住宅は住みにくいし、

きっと後悔しますよね。

クレバリーホームでは

地震だけではなく、災害全般に強い家

メンテナンスが掛からずキレイが続く家

高い断熱性で寒冷地でも暖かく

そして

光熱費がかからない家

​これらをモットーに家づくりをしています。

​充填断熱+外断熱

クレバリーホーム北上店の断熱工法は

​『充填断熱』と『外断熱工法』を合わせたダブル断熱工法です。

断熱の工法は壁の内部に断熱材を充填させる

『充填断熱』が最も一般的です。

断熱には断熱材の厚みも重要となりますが

​充填断熱では89mm~105mmが最大の厚みとなる事が多いです。

クレバリーホームでは外張り断熱材をプラスする事によって

130mmの厚みを実現しています。

さらに外張り断熱をしない場合

柱、梁部分に断熱材を入れる事が出来ない為

『熱橋部分』(ヒートブリッジ)

​が多くなります。

※熱橋(ヒートブリッジ)とは、

外壁と内壁の間にある柱・梁といった断熱材が入っていない箇所が

​熱を伝える現象です。

熱橋による断熱欠損が過剰であると、

冷暖房の熱効率が悪くなり、光熱費が高くなるばかりではなく

温度差により壁内に結露やカビなどが発生する原因にもなります。

対して『外断熱工法』はすっぽりと断熱材で覆う工法の為

温度差による結露が生じにくいのが特徴です。​

材料別熱伝導率一覧

フェノールフォーム

外張り断熱材には、

『フェノールフォーム』を使用しています。

フェノールフォームは最強クラスの断熱性能

0.020W/(m・k)

と、圧倒的な断熱性能を誇ります

 

フェノール樹脂は

多くのプラスチックが熱を受けると溶けるのに対し 

熱に強く、熱で硬化する特徴があります。​

Low-e トリプル樹脂サッシ

住宅の中でも熱損失が大きい箇所はどこでしょうか。

​答えは開口部などの『窓』の部分です。

クレバリーホーム北上店では『窓』部分を

『Low-E トリプル樹脂サッシ 樹脂スペーサーアルゴンガス入り』

​を使用し気密性・断熱性を高めています。

夏涼しく、冬暖かい 快適な家

​​涼しく冬暖かい

温度差が少ない

結露が起きない

光熱費を節約できる

マイホームを建てるのは一生のうちに何回でしょうか。

もし後になって気づいても

外壁や断熱のリフォームは大変です。

せっかく建てるなら

高性能な屋根・外壁・そして高断熱な

​あたたかい家がいいですよね。

さらに

クレバリーホームは

メンテナンスが掛からない

デザイン性

防汚性・耐候性

に優れた

『外壁タイル』『陶器瓦』

​を標準としています。

​サイトマップ
​住まいづくりお役立ち情報
HOME
​クレバリーホームの家づくり
工実
宿泊体
問合
 
店舗Access

〒024-0032  岩手県北上市川岸1-7-2 NSビル2F

​北上店

受付時間: 9:00~18:00 

定休日: 第2第4火曜日、毎週水曜日

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

​スタッフblog

HP用バナー伊藤.png

INFORMATION

ご来場予約ボタンNEW.jpg